日記

2019-10-10 11:00:00

#39 SRM30↑003 Pumpkin & Spices Porter「パンプキンビールってかぼちゃ入れなくてもいいらしいですよ」

2019/10/10

 

【リリース情報】 その2

Batch #39

SRM30↑003 Pumpkin&Spices Porter

Malt : Maris Otter, Rahr Two Row, Cristal Pils, Munich, Cara Munich 1, Chocolate malt, Torrefied Oats

Hop : Magnum

Others : Koji, Pumpkin, Cinnamon(Whole&Powder), Clove(Whole&Powder), Ginger(Fresh), Nutmeg(Powder)

Yeast : Lallemand BRY-97

 

10月はパンプキンよね。

ビールって。自由。

と、言うわけで。パンプキンポーターです。ハロウィンです。流石アメリカ発祥の風習。

カブがかぼちゃになって、それがビールになったらかぼちゃの味わいは重視されない造りになってしまっているようです。。。。トランスフォ―――ム!!複雑なキモチ。

パンプキンエールを仕込む前に、「パンプキンエールとは何ぞや。」という会話にやっぱりなります。阿部がレシピを調べれば調べるほど首を傾けていく。

いったいどうしたのか?と尋ねてみると面白い回答が。

「パンプキンエールにはかぼちゃの味わいは重要視されないんです。僕たちの心の師匠、John J. Parmer(※1)さんも今までで一番感動したパンプキンエールにはかぼちゃが入っていなかったそうですよ。」

???????そうなん??????

と、言うことです。どういうことかというと、かぼちゃは糖の強化として加えられた経緯があり、重要なのはパンプキンパイを彷彿させるスパイス感、ということらしい。

パンプキンパイと言えば、シナモン、クローブ。そこに今回はフレッシュジンジャーとナツメグも入れました。麦芽のブレンドは黒。ポーターが基盤となっています。

と言っても、しっかりかぼちゃも投入しましたよ。

かぼちゃの投入は独特。ご存知の方もいらしてくださっているかと思いますが、CBBのビールには必ず「米麹」を使用しています。これは税法上「発泡酒」として販売するためなのですが、この米麹はデンプンを糖化する働きがあります。それなら、特徴を活かす方が楽しいに決まっている!まず、かぼちゃのでんぷん質を米麹で糖化させる「かぼちゃ甘酒」を作り、それを糖化中の麦汁に足すという方法を取ったのです。

ここにもひと手間。かぼちゃは全てオーブンで一度焼いてから処理しました。

久々、阿部さん、楽しそう。

さてさて、かといって味わいにどれだけ出るかは出来上がってのお楽しみ。

やっぱりパンプキンエールにかぼちゃの味わいは必要ないのか。はたまた、かぼちゃの甘味を感じれるのか。ジャックのみぞ知る。

 

SRM30↑ 003は10月10日(木曜日)CRAFT BEER BASE gardenにて先行開栓。 追ってCRAFT BEER BASE BRANCH, BUDでもお楽しみいただけます(^^♪ どうぞ皆様、お楽しみくださいませ。

 

※1John J. Parmer氏

アメリカ、ミシガン州在住

「How To Brew」や「Water」など、アメリカのホームブリューを支える基礎的な指南書の著者。Beer Judge Certification ProgramからリリースされるBrewing Classic Styles80なども手掛ける。

 私達Brewing Labメンバーの愛読書は彼の著書が多い。