日記

2019-06-28 00:00:00

#26 SRM30↑002 Milk Stout「乳糖を加えた甘味のあるスタウト。窒素ガスでサービングしてみます。」

2019/06/28

 

New Release!!!

SRM30↑002 Milk Stout

 

久々の黒シリーズのリリースです。スタウトというアイルランド発祥の黒ビールの進化版と言いますか。

昔々に牛乳からとれた糖(乳糖)をビールに加え、栄養価として飲まれたという歴史あるビール、ミルクスタウトの再現です。

かといって現代ではその滑らかで優しい甘味と口当たりに魅了される方々も多いのでは。

また、ミルクスタウトと言って必ずご紹介したいのはアメリカのLeft Hand Brewingに他ありません。私たちスタッフも大好きでおすすめのこのビールに憧れて醸造したというのも事実。オーナーのクリス•レナートさんもCBBにご来店頂き、ミルクスタウトについてセミナーいただいた事もあります。

そのLeft Hand Brewingに敬意を持ち、Brewing Labも窒素充填での提供にチャレンジしてみています。

通常、ビールは発酵時に二酸化炭素を排出します。それを自然発生のままビールに閉じ込め、柔らかなあのシュワシュワ感を演出します。現代のビールシーンでは自然発生だけでなくガス添加を行ない、安定感あるビールに仕上げるのですが、その代わりに今回はケグ内にて窒素を添加しました。

どう違うかと言いますと、シュワシュワというよりビロードのような、言い得ない滑らかな舌触りとのど越しを楽しむことが出来るのです。

原理だけをお話ししますとどんなビールにもこの製法を使用することが可能なのですが、今までの経験の中ではLeft Hand BrewingのNitro Milk Stoutの衝撃的味わいが忘れられないのです。

実際に今回のビールもナイトロ充填や二酸化炭素充填と試してみてのリリースです。

まだまだ私達としても官能評価のみの判断ですが、窒素の干渉により起こる細かな泡がクリーミーさがビールに丸みと甘味がミルクスタウトというスタイルととても相性がいいということは確かなようです。

と、いうわけでして、

ミルクスタウトってなに??

ナイトロってどいうこと??

の疑問にも不思議にも一緒に向き合いましょう。

 

本日よりCRAFT BEER BASE gardenにてリリース、追って各店舗にてお楽しみいただけます。

店舗によっては窒素充填、二酸化炭素充填のどちらかでご提供させていただく場合があります。

どちらの提供もそのビールの違った良さを見つけていただけますと、また楽しみが増えますね。